営農型メガソーラー建設へ 世界最大、長崎の離島 - 株式会社ESR-メガソーラー用地・再生可能エネルギー・不動産収益情報調査収集

株式会社ESR-メガソーラー用地・再生可能エネルギー・不動産収益情報調査収集 ホーム » 太陽光発電ニュース » 営農型メガソーラー建設へ 世界最大、長崎の離島

営農型メガソーラー建設へ 世界最大、長崎の離島

ドイツ企業、フォトボルト・デベロップメント・パートナーズ(PVDP)は12日、長崎県佐世保市の離島、宇久島に最大出力43万キロワットの大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設すると発表した。農地に建設し、営農と発電を両立させる仕組みで、同社と提携する京セラは「営農型メガソーラーでは世界最大」としている。

 PVDPや京セラによると、総事業費は約1500億円を見込み、2015年度中に着工、約2年間での完成、稼働を目指す。島の約4分の1に当たる630ヘクタールに太陽光パネル172万枚を10カ所前後に分け設置する。

先日弊社関係者より、上で太陽光下で芝等で両立させる計画を伺いました。
非常に面白い試みです。
芝の販売も収支計算出来たら良いかとおもって少し動いて見たい事案です。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://esrsoudan.com/tb.php/245-1d757ab2