牧場経営者を贈賄容疑で逮捕=太陽光発電へ農地売却で-北海道警 - 株式会社ESR-メガソーラー用地・再生可能エネルギー・不動産収益情報調査収集

株式会社ESR-メガソーラー用地・再生可能エネルギー・不動産収益情報調査収集 ホーム » スポンサー広告 » 太陽光発電ニュース » 牧場経営者を贈賄容疑で逮捕=太陽光発電へ農地売却で-北海道警

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牧場経営者を贈賄容疑で逮捕=太陽光発電へ農地売却で-北海道警

太陽光発電所用の土地として農地を売却するため賄賂を渡そうとしたとして、道警捜査2課などは2日、贈賄(申し込み)容疑で北海道新冠町万世、牧場「ベルモントファーム」取締役会長の川上晋容疑者(69)を逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。
 逮捕容疑は3月中旬、再生可能エネルギー特別措置法に基づき発電設備に認定されていた北海道むかわ町の農地について、便宜を図ってもらう目的で、経済産業省北海道経済産業局資源エネルギー環境部で職員に対し、現金10万円を渡そうとした疑い。
 同課などによると、農地は川上容疑者が所有し、太陽光発電の業者に売却する予定だったが、転用手続きが完了していなかった。環境部は認定取り消しに向けて聴聞を行う予定だったといい、同課は取り消しを避けるため賄賂を渡そうとしたとみている。職員が後で現金に気付き発覚した。

お役所の方が10万円で人生を棒に振る訳もなく当然の結末かと思います。
裏取引などせずに真っ向から交渉するのが一番早道かと思います。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://esrsoudan.com/tb.php/242-49ba6b79

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。