調整池にメガソーラー 神埼の九州積水工業 - 株式会社ESR-メガソーラー用地・再生可能エネルギー・不動産収益情報調査収集

株式会社ESR-メガソーラー用地・再生可能エネルギー・不動産収益情報調査収集 ホーム » 太陽光発電ニュース » 調整池にメガソーラー 神埼の九州積水工業

調整池にメガソーラー 神埼の九州積水工業

管工機材などプラスチック製品の製造を手掛ける九州積水工業(神埼市千代田町、岩崎恵二社長)は、自社敷地内の調整池にメガソーラーを建設し、昨年12月から発電を始めた。

雨水をためる1・7ヘクタールの池に太陽光パネル約1万2千枚を設置。設備容量は1・36メガワットで、一般家庭約400世帯分を賄う。

積水化学グループで取り組む環境貢献活動の一環で、事業費は約4億3千万円。

年間発電量は140万キロワット時で全量を九州電力に売電し、年間5600万円の収入を見込む。  

集中豪雨などで満水になった場合でも発電ができるようパネルの足場を高くし、基礎部分を池の底に埋めて貯蔵容量を維持した。

県新エネルギー課は「調整池への設置は極めて珍しい」としている。  

同社はこれまで敷地内にビオトープを造成するなど自然保護事業に取り組んでおり「今後も地域社会に貢献していきたい」と話す。

太陽光最新情報

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://esrsoudan.com/tb.php/234-8b7bbdbe