再生可能エネ 自治組織が売電参入 - 株式会社ESR-メガソーラー用地・再生可能エネルギー・不動産収益情報調査収集

株式会社ESR-メガソーラー用地・再生可能エネルギー・不動産収益情報調査収集 ホーム » 太陽光発電ニュース » 再生可能エネ 自治組織が売電参入

再生可能エネ 自治組織が売電参入

 過疎や高齢化が進む地域で、太陽光発電装置を町内会など自治組織が自ら設置、管理し、売電収益を地域コミュニティーの維持に生かす集落が出ている。発電量は小規模だが、売電収益を人口減少に悩む町内会費の補填(ほてん)や地域活性化の財源に充てる。大企業によるメガソーラーの建設が加速化する中で、地域に根差した発電で、収益を有効活用する仕組みに注目が集まっている。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://esrsoudan.com/tb.php/202-6b73d560