北海道電力 世界最大規模の蓄電池、経産省が北海道に設置 - 株式会社ESR-メガソーラー用地・再生可能エネルギー・不動産収益情報調査収集

株式会社ESR-メガソーラー用地・再生可能エネルギー・不動産収益情報調査収集 ホーム » スポンサー広告 » メガソーラー用用地情報 » 北海道電力 世界最大規模の蓄電池、経産省が北海道に設置

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道電力 世界最大規模の蓄電池、経産省が北海道に設置


 経済産業省は17日、北海道でのメガソーラー(大規模太陽光発電所)など再生可能エネルギーの導入を後押しするため、北海道電力の変電所に世界最大規模の蓄電池を設置すると発表した。北海道電に約200億円を補助する。発電した電気をためておき、曇り空などで発電できないときの調整用として使う。

 北海道電が北海道南部にもつ変電所に、2014年度末までに容量6万キロワット時の蓄電池を導入する。

 昨年に再生可能エネの固定価格での全量買い取り制度が導入され、土地の安い北海道でメガソーラーの建設が急増している。太陽光や風力は気候次第で出力が変動しやすく、電力会社の送電網で電気を送る量には限界がある。

 出力2000キロワット以上の大型のメガソーラーの場合、すでに送電網に接続できる限界を超えた。北海道電は同日、3月末時点で87件、出力156万キロワット分の申請があったが、受け入れの上限は40万キロワットだと公表した。

 蓄電池の設置により、北海道内で電力需給を調整する能力が全体として1割ほど増強され、再生可能エネの導入を拡大する効果が期待できる。

 電力会社と、メガソーラーなどを設置する事業者との接続条件を定めた省令も改正する。電力会社は需給調整が難しい場合にメガソーラーなどに出力抑制を要請できるが、現在は年30日超にわたって要請する場合は事業者に補償金を払う必要がある。北海道電のように調整能力が限界になった場合に限って補償金を不要にする。

国が北海道電力に電力安定の為に蓄電池を建設する様です。

ただ来年とかの話しになるのと事前申請も1/3になる見通しでただでさえ安い土地が更に今回の事で下落する可能性もありです。

北海道の太陽光は仕切りなおしです。

最近は、同じ様な現象が、福岡、鹿児島でも起こるかも知れません。



●メガソーラー用地情報
●事業用用地情報
●市場調査情報
●売り地情報
●不動産会社集客情報
●施工業者工事依頼情報
●安山岩販売情報
●金・ブランド・骨董買取情報


「情報のことならお任せ下さい」
株式会社ESR総合調査
(代)03-5731-9760 (直通)070-5594-8657 (MAIL)担当者にご連絡はこちら

役立つ情報お知らせします。
特殊調査-市場調査の専門機関。全国無料相談・アドバイス完全無料・無料面談可能(要予約)お気軽にご相談下さい。探偵業に関する届出済み 東京都公安委員会 探偵業届出番号(第30130060号)!
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://esrsoudan.com/tb.php/155-6ecc867f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。